ニホンオオカミのこと

台風も去ったということで、地区の体協のハイキングに参加してきました。場所は奥秩父の三峰神社。

神社の表参道なので、入り口には狛犬か狐がいるもんですが、コイツは牙、爪、地面に巻いた尻尾、浮き出たアバラ。

オオカミなんですね。ここは、オオカミ信仰の神社のようです。

ニホンオオカミはかつて日本で普通に見られた野生生物ですが、様々な理由(狂犬病拡大や、家畜被害の為の駆除。他にも理由はあったかも知れません)から、狩られた結果絶滅しました。

決定的なことは猟銃の普及で、これが彼らを追い詰めました。日本で明確に、直接的に日本人が滅ぼした大型哺乳類です。

個々の議論は専門家に譲るとして、ヒトは他生物を滅ぼせる種だということは肝に銘じておきたいものです。

もちろん野生生物達と様々な軋轢はありますが、科学的に彼らを理解することが、共生への手がかりになるでしょう。

滝の涼しい風でリフレッシュ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です