ここは俺の砂場だ! 2

で、アタシもアタシもとやってきた妹(?)をつつきだす…

ね、幼稚園児みたいでしょ?

野生生物に対する目線というのはいろいろあると思いますし、自由なんですが、私の場合は、私たちとライチョウを重ね合わせることのほうが多いように思います。

彼らと一緒に生きていくためには人間が生き方を変えた方が良いのです。でも、賢いはずの人間だけが自然とのつきあい方を忘れてしまったから、もう一度ライチョウさんに教えてもらうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です