葉の滴がそこに落ちるように

やっと新しい環境に馴染んできました。毎度のこと、引っ越しの度に苦労します。順応する技術は磨いてきたつもりです。しかしストレスであることには変わらず。

さて、人は環境が変化することを殊更嫌がります。

先祖代々の土地から立ち退いたり、古馴染みと離れたり、そういう急激な変化は頑として受け入れないし、仕事のやり方だって昔のやり方に固執し続けて「働き方改革」なんて、と鼻で笑うのです。

別に私の機嫌が悪いからこんなことを書きつづるのではなく、ただ単に私たちはそういうものだと言いたいだけです。良い悪いのはなしではないのです。私だって住む環境は変わりたくない、それが変化すれば苦痛、ストレスを感じ、抜け毛が増え、体重が上下し、飲酒量も愚痴も増えることがわかっているからです。犬猫は言うには及ばず、ライチョウだってイヤでしょう。本当に家畜やペットを身近に感じる人たちはその辺りを気をつけるのですが、野生生物となると途端にその気遣いがゼロになるのはなんなんでしょう。それはともかく。

他方、ゆっくりとした変化には極めて鈍感です。

カエルを水に入れてゆーーーっくり加熱していくと(やっちゃだめですよ。もののたとえです)カエルは自分が茹であがったことに気づかないそうで。

ビジネスの場で「茹でガエルになってはいけないよ」というのは、変化を敏感に感じ取って、どんどんと手を変え品を変えしなきゃいけませんよ。のんびりしてたら気づいた時には手遅れですよ、という例で使います。

環境問題に関していえば、我々完全に茹でガエルです。

あれ、なんだか台風の被害が大きかったな、たまたまかな、アメリカでは大きな山火事が起きてるって、でも日本は関係ないね。。。

私たち林学をやった人たちは知っている。100年に一度の豪雨(洪水)に備えて設計した堰堤が役にも立たず、堤防を水が越えてくるのは統計学的に考えてとても「異常」なのです。それは科学を学んでいるからそう感じるのです。

なんだかおかしいな。でも、温暖化は嘘だって言ってる人たちもいるし。。。

温暖化が嘘だと言っている科学者はごく少数です。たくさんの情報が溢れている中、自分に都合のいい情報だけを拾って信じるのも人の性質です。

300年経って、あの時温暖化がどうとか騒いでた奴らがいたが、ぜんぜん温暖化しなかったじゃないか! 。。。となったら、それは成功です。

科学的手法というのは、そうやって自分に都合の悪いことを排除せずに向き合う技術です。多くの科学者はこれを真摯に実践します。

科学が万能だー信じろーとは言いませんが、自然を自然のままに捉える、そういう技術なのです。行き着くところは御釈迦様の教えと変わらないと言えば飛躍になりますが、そんな気がします。

しっかりとあるがままをとらえて解を探せば、葉の滴がそこに落ちるように、そうしたいとかしたくないとか、そういうことではなくて、そういう風になるのだと思います。

私たちは、誰がどのようにわめこうが叫ぼうが「自然に即して生きる道」を模索せざるを得ない。もう、そうなっているかもしれません。

あとは、どう行動するか、ということでしょう。

でも、残念ながら。ライチョウの保護と温暖化を結びつけて考えたくない人たちは、こんな稚拙な文章は読まないのだと思います。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です